豊川市で支持率NO1の整体であなたのつらい肩こり腰痛を改善します!伊奈駅から徒歩7分、駐車場あり。

観空治療院


各症状について

めまいになったら,どの診療科に行けばいいのか

王道は耳鼻科めまいと聞くと、「診療科は耳鼻科かな」という印象を受ける方も多いと思います。 確かに間違ってはいません。 三半規管の異常とか、メニエル氏病という言葉を聞いたことのある方...

続きを見る

片頭痛と一生お付き合いをしてくのですか?

「わたしは片頭痛持ち」実は違うかも!?「わたし頭痛持ちで、しかも片頭痛なんです」というフレーズを聞いたことがある方も多いと思います。 片頭痛を経験したことがない方でも、言葉は聞いたことがある...

続きを見る

日本人に一番多い筋緊張性頭痛との正しい向き合い方とは?

<頭痛がない人のほうが珍しい>頭が痛いという人の気持ちがわからないという方はいない、もしくはまれだと思います。 健康な人にとっても頭痛というのは身近なところにあります。 なかには、...

続きを見る

肩こりに隠された意外な原因とは?

<肩こりの原因は肩ではありません、原因も1つではありません>特定の体の部位の痛みや症状を1つの原因だけで片付けようとしてしまうのは大変危険です。 そこにはもしかしたら意外な原因が関係している...

続きを見る

股関節炎

 <股関節炎は日常生活の中で予防ができます>股関節は、若いうちや普段なんでもないときにはあまり意識していないものですが、実は人が生活するうえでの歩いたり、立ったり、座ったりという最も基本的な...

続きを見る

五十肩

<これからは五十肩になる20代・30代が大量発生!?> 五十肩、というとその名前の通り五十代でなる病気、というイメージをもっている方も多いのではないでしょうか。 しかし実は、現代人...

続きを見る

ぎっくり腰

<ぎっくり腰の原因は日常生活(ライフスタイル)の中にあり!>ぎっくり腰と言われて浮かぶイメージというと 例えば・急に重い物を持ったとき・転びそうになったときにふいに変な態勢で力がかかってしま...

続きを見る

足底腱膜炎

足底腱膜炎足裏や踵に痛みを訴える症状。足腰を酷使する仕事、ランニング初心者をはじめ、陸上、バスケ、バレーなどの選手に慢性的な訴えるケースもある。踵骨の変形(踵骨棘)をともなうケースもある。足には3つの...

続きを見る

ストレートネック

ストレートネックとは背骨には生理的湾曲というものがあります。頚椎は前方、胸椎は後方、腰椎は前方。これが背骨のS字カーブです。頭の重さを知っていますか?人の頭はおよそ5kg(体重の1/10)くらいありま...

続きを見る

膝の内側の痛み

<膝の内側が痛い>膝の内側が痛いという症状☆40歳以上に多い☆女性に多い☆出産後に多い☆腹部開腹手術の経験がある人が年配になると出やすい☆膝の痛い人は腰痛もある人が多いこういった傾向があります。もちろ...

続きを見る

なかなか改善されない痛み

どこの病院に行っても、どこの治療院に行っても『なかなか良くならない』という方はたくさんいます。私も神様ではありませんので、すべての人の症状を改善させられるわけではありません。それでも毎週、毎週、何年も...

続きを見る

季節の変わり目のぎっくり腰

朝晩はめっきり涼しくなりました。季節の変わり目は、風邪ひきさんが多いですね。そして「ぎっくり腰」も多発します。急に寒くなったから、腰が痛くなったと思われがちです。しかし、本格的な冬に入れば、より腰痛が...

続きを見る

原因不明の引きこもり

心身症や、強いストレス状態、自律神経の失調により、腰痛、肩こり、頭痛に悩まされている方は大勢います。そういった患者さんのなかには、学校に行けない、会社に行けない、人の多いところだとパニックになってしま...

続きを見る

ランニングによる膝痛

東京マラソン、ナゴヤウイメンズマラソンマラソンブームが続いております。毎週どこかでフル、ハーフなど様々な大会が行われていますね。スイーツマラソンなど、健康や痩身的にどうなの(^_^;)というレースもあ...

続きを見る

産後骨盤調整

なぜ、産後の骨盤調整が必要なのか女性の骨盤は、妊娠・出産の機能があるため男性よりホルモンの影響で、骨盤がゆるみやすく日常生活の姿勢の悪さや運動不足などにより、骨盤周囲の筋力が低下したり、ゆがみやすい傾...

続きを見る

変形性股関節症と腰痛

人間と他の動物の違いのひとつに「二足歩行」と「四足歩行」があります。大腿骨の先端(凸)と骨盤の受け皿の部分である寛骨臼(凹)の関係において四足歩行の場合、股関節屈曲の状態で体重を支えているので寛骨臼は...

続きを見る

PCと肘の痛み

最近、肘が痛いという患者さんの問診をしているといがいに多いのがパソコン作業今やデスクワークといえば、書類を手書きというよりは、ほぼパソコンでの作業が多いのではないでしょうか日々、一日中、パソコン作業を...

続きを見る

肩甲骨の内側が痛い

<肩甲骨の内側(背骨寄り)の痛み>を訴える患者様は以外に多いです。・夜も痛みで眠れない ・柱に背中を押しつけたくなる ・肩甲骨のうしろ、腕、後頭部まで痛くなってきた・息苦しいなどほ...

続きを見る

腰椎すべり症

<腰椎すべり症>・下位椎体に対して、上位椎体が前後どちらかにずれている・成人の腰痛の原因の2%・腰椎変性すべり症:椎間板・椎間関節の加齢による変化、第4腰椎がもっとも多い、中年女性に多い。・体を動かす...

続きを見る

腰椎分離症

<腰椎分離症>・脊椎の上関節突起と下関節突起の間の関節突起間部が断裂する疲労骨折・腰の過伸展と回旋運動を繰り返す運動やスポーツにおいて起こりやすい・水泳、バスケットボール、バレーボール、体操など・思春...

続きを見る

脚を組む癖 歩くときに足の招きが悪い

<症状>・一日中、脚を組んでデスクワークをしている・組んで上になっている方の足がしびれ・違和感があって歩きにくい<総腓骨神経の障害>・膝の外側の後方で腓骨神経が圧迫され起きる絞扼性の神経障害・母趾伸展...

続きを見る

太ももの外側のしびれ

<症状>足の付け根(ソケイ部)が痛い太ももがピリピリする<外側大腿皮神経痛>病名は病院で診断を受けてください・太ももの正面から外側にかけての痛み、しびれ・外側大腿皮神経がソケイ靭帯によって圧迫されて生...

続きを見る

胸郭出口症候群:肩の痛み、腕のしびれ・だるみ

<症状>・肩、背中の痛み・腕のしびれ、だるみ<胸郭出口症候群>病名は病院で診断を受けてください・肩、首、背中の痛み、腕のしびれ、だるさ・・・上肢拳上負荷試験で再現される・障害部位①斜角筋隙:前斜角筋、...

続きを見る

テニス肘

「肘の骨の部分が痛いんです」病院の検査(レントゲン)では異常なし、肘(外側上顆)を押すと痛い(圧痛)上腕骨外側上顆炎(テニス肘)手関節を背屈、手指のMP関節を伸展させる前腕伸筋群が付着する外側上顆に生...

続きを見る

腰痛とアキレス腱断裂

アキレス腱断裂・アキレス腱を思いっきり蹴られた感じ・バットでふくらはぎをたたかれた感じ・ボールがぶつかったような衝撃を感じた・ブチッという音がした・陥没(delle)あり・アキレス腱断裂の3大徴候1、...

続きを見る

片頭痛

頭痛の種類・一過性に起こり、自然に治る頭痛・・・風邪・二日酔い・慢性的頭痛・・・片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛・脳由来の頭痛・・・脳出血、くも膜下出血片頭痛5つの症状(POUND)①拍動性(Pulsat...

続きを見る

足裏の痛み

主訴:足の裏が痛い病院での診察:足のアーチがなく、偏平足が原因病院での治療:インソールを作成、足裏の痛みは緩和したが、その後「足首」が痛くなってきたということで当院に来院当院での施術施術により足のアー...

続きを見る

左肩の痛み

・左の肩甲骨の内側が痛くて眠れない・左の肩が慢性的に痛いこのような症状で来院される患者様はとても多いです。とくにここ最近は増えていますね。仰向けに眠れない、左肩を取ってしまいたい、息苦しくなる。。。あ...

続きを見る

乾燥時期の肩こりと腰痛

風邪が流行っていますね。お肌がカサカサするこの時期、環境が身体に影響を及ぼす原因のひとつに「乾燥」があります。人間の体は体重の70%は水でできています。体内の水は、細胞内液と細胞外液に分けられ、体内の...

続きを見る

集中できない頭痛の原因はこれかも

慢性的な頭痛に悩まされている方は非常に多いですね。筋緊張性の頭痛、片頭痛、混合性頭痛。。。。あまりにひどいと、吐き気やめまいを起こしたり、物事に集中できなくなったり、精神的に不安定になったり、日常化す...

続きを見る

物が二重に見える⁉ 原因不明

「物が二重に見える!」と訴える患者さんもともとうちに来ている患者さん。年に1回くらい急性腰痛でお見えになり、2,3回の施術で収まる。痛いときにしかおみえにならない(・・;)9ヶ月ぶりくらいの来院で訴え...

続きを見る

腰痛

「常に痛みや鈍重感のある慢性的な腰痛」に悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。あるいは、突然強い痛みとともに動けなくなる「ぎっくり腰」レントゲンやMRIなど検査で原因が分かるものは、治療方法がは...

続きを見る

肩こり

慢性的な肩こりや、頭痛を伴う肩こりに悩む女性は非常に多いです。そして、肩こりに悩む人はある特徴的な姿勢をしています。肩こり姿勢の特徴ほとんどの方が、両肩が内側に巻き込んだような「巻き込み肩」をしていま...

続きを見る

ぎっくり腰

昨日まで、あるいは、ほんの数分前まで、普通でいたのに、一瞬にして、激痛とともにカラダの活動が停止してしまう「ぎっくり腰」。観空治療院にも、たんさんの患者様が腰をくの字に曲げて来院されます。患者様は、皆...

続きを見る

坐骨神経痛

「脚のスネが痛い、痺れる」「おしりが痛い、痺れる」「足先が痺れて、感覚がおかしい」・・・坐骨神経の障害に多い症状です。坐骨神経痛の原因として、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、腰椎すべり...

続きを見る

骨盤矯正

生活習慣や姿勢のクセ、職業、運動、精神状態、気候、環境などにより、カラダに『ゆがみ』が生まれます。土台である骨盤がゆがむことで、骨盤のゆがみをカラダの別の部分でかばったり、補うことでゆがみが強くなりま...

続きを見る

頭痛

頭痛にもいろいろタイプがあり、「症候性頭痛」…脳や体の病気がもとで起こる頭痛「機能性頭痛」…緊張型頭痛・片頭痛・群発性頭痛来院される患者さんは、緊張型頭痛や片頭痛が多いです...

続きを見る

スポーツ障害

スポーツにケガはつきものです。当院にも、オーバーワークで故障したとか、勝てなくなった、スランプに陥っていると言って、施術にみえる患者様がおおぜいいらっしゃいます。ほんとにオーバーワークだけなのかほんと...

続きを見る

姿勢と、カラダと、ココロと、脳と 

「姿勢と、カラダと、ココロと、脳と」という内容で連載したブログをまとめました。(第1話~第33話)姿勢と痛みの関係、姿勢と心の関係、心と痛みの関係を紐解き、姿勢からみる痛みが出る理由痛みや障害を取るた...

続きを見る

痛み

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第2話>とかく「痛み」は悪者扱いです。無痛無汗症という病気があります。痛みを感じない病気です。痛みを感じないなんて羨ましい、と思いますか?しかしこの障害は、捻挫や骨折...

続きを見る

姿勢

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第3話>リラックスして椅子に腰かけて下さい・・・体重をお尻にどっかり乗せて座っていませんか?おしりや腰を丸めて、尾骨のあたりで座っていませんか?骨盤には坐骨という部分...

続きを見る

S字カーブと腰痛

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第4話>厚生労働省によると、腰痛もちは全国で2800万人いると推定させれています。(2013年)そのうち、ヘルニア、狭窄症、圧迫骨折、ガンなどが原因のものが2割、残り...

続きを見る

ヘルニア

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第5話>ヘルニアとは日常的に悪い姿勢でいる癖がついていると、カラダのゆがみが強くなり、大地を踏みしめる下からの衝撃を、背骨のS字カーブのサスペンションが効かせず、椎間...

続きを見る

膝痛

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第6話>肩こり、腰痛に次いで来院症状で多いのが「膝痛」・一過性の痛み・膝関節の変形を伴う慢性的痛み・昔は成長痛と診断されていたオスグッド病・スポーツなどによる障害や疲...

続きを見る

猫背

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第7話>ゆがみの8割は座った姿勢が作る現代人は、背中を丸めて座るのが癖になってしまっている人がとても多いです。背中を丸めている姿勢は、骨盤が後方に回旋しています。骨盤...

続きを見る

五十肩

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第8話>五十肩の人の特徴背中を丸くして座るのが癖になっている人(猫背)や肩が内側に巻き込んでいる人(巻き込み肩)は要注意です。背中が丸くなると、背中にある肩甲骨は外に...

続きを見る

肩こりと頭痛

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第9話>姿勢と、カラダと、ココロの関係を考える上で、とても重要な症状に「肩こり」と「頭痛」があります。うつや引きこもり、慢性疲労、睡眠障害、自律神経の失調などを抱える...

続きを見る

手のしびれ

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第10話>体幹の重心線と頭の重心線背中が丸くなって顎を上げる姿勢になると、体幹の重心線より頭の重心線が前に出てしまいます。重心線の一致しない不安定な頭を、3Dに支え続...

続きを見る

めまいと耳鳴り

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第11話>ある日突然、世界が回る、地面が揺れる、吐き気を伴い、立っていられなくなる「めまい」めまいには様々な種類があり、正確な診断は病院での検査が必要です。脳血管障害...

続きを見る

呼吸

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第12話>姿勢と呼吸背中が丸くなると、胸(胸郭)の動きが悪くなります。肺や横隔膜の動きが悪くなるので、呼吸が浅くなります。十分な酸素が取り込めないため、血中に十分な酸...

続きを見る

内臓下垂

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第13話>内臓下垂が起こる理由内臓下垂が起こる理由として・食べ過ぎ、飲みすぎ・運動不足・ストレスなどが思い浮かびますが、下記に思い当たる方は要注意です。日常的に姿勢が...

続きを見る

自律神経

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第14話>姿勢と自律神経背中が丸くなるということは、脊柱の前側の間隔が狭くなるということです。すると、自律神経にも影響が出てきます。例えば、みぞおちの奥の方(第12胸...

続きを見る

ゆがみ

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第15話> なぜゆがむのか体のゆがみが様々な症状を引き起こします。私は、そのゆがみを取り除いて、自然治癒力を上げていきます。よく患者様から「私の体はゆがんで...

続きを見る

筋肉と姿勢

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第16話>姿勢と筋肉の関係筋肉は記憶します。筋肉には記憶するという機能があり、日常的な姿勢を記憶します。綺麗な姿勢は、美しい姿勢を記憶します。歪めた姿勢は、悪い姿勢を...

続きを見る

機能的障害と構造的障害

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第17話>2つの障害の種類人は生きている以上、体にゆがみを起こします。人間は2足歩行であったり、複雑な体の使い方、複雑な社会、複雑な環境、複雑な精神活動により、より強...

続きを見る

自然治癒力

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第18話>人は、生活、仕事、作業、運動、精神活動などにおいて複雑な活動をする動物です。複雑な状況が、ゆがみというものを作り出しています。自然治癒力とは生物は、生...

続きを見る

検査で異常ない

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第19話>病院で「原因不明」「異常なし」と言われたら強い痛みや辛い症状が続いているにもかかわらず病院での検査では異常がなく、痛み止めや湿布などを処方されるだけ。あるい...

続きを見る

心的障害

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第20話>うつや引きこもりの方が来院されるきっかけ当院には、うつ病や引きこもり、パニック症候群、強迫神経症、不眠症、自律神経失調症等で施術に見えている患者さんがいます...

続きを見る

心の病を持つ人のなぜ?

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第21話>心の病の人たちのなぜ?来院される心身症の患者さんの多くが、肩の痛みや頭痛、めまいを訴えて施術にみえます。なぜ、彼ら(彼女ら)にそういった症状が多いのでしょう...

続きを見る

感情と姿勢

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第22話>感情のコントロールの仕方人は感情の変化があった時、どのように自分の心をコントロールしているのでしょうか例えば、怒れる事があった時は、無意識に体にぐっと力を入...

続きを見る

ストレス

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第23話>ストレスによる反応人はストレスを受けた時に、どのような反応が起こるのでしょうか?人は、ストレスを察知すると、ただちにアドレナリンが大量に放出され、体の緊張が...

続きを見る

ストレス回避

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第24話>闘争・逃走反応弱肉強食の世界。小さく弱い動物は、強い動物に常に狙われています。普段は、ゆっくりのんびり動いている動物(被食者)に、しのびよる捕食動物。捕食動...

続きを見る

ストレスホルモン

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第25話>ストレスホルモンとその影響慢性ストレス状態がつづくと、自律神経のバランスが崩れ、生体内の反応や機能が正常に働かなくなります。さらに、ストレス状態がつづき、ス...

続きを見る

ストレスと脳

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第26話>なぜ周りの手助けの声が届かないのか頭が痛い、背中が痛い、腰が痛い、体の調子が悪いなど、痛みや不具合を感じた場合、痛いところに手を当てたり、体を伸ばしてみたり...

続きを見る

防御姿勢

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第27話>自分の身を守る姿勢と、カラダに起こる反応が複雑化を起こす人は、嫌なこと、怖いことなどストレスを受けると、自分の身を守る防御姿勢を取ります。人間の急所であるお...

続きを見る

姿勢と心

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第28話>ストレス、心的ショックがないのに、うつや引きこもり、自律神経障害になるケース近年とても多いケースですがいじめや精神的なショックなど全く心当たりがないのに、知...

続きを見る

ストレスと整体

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第29話>緊張状態の継続による弊害ストレスによる緊張状態がつづいてしまうと、強い慢性疲労状態に陥り、ついに無気力状態になったり、音など外的刺激や、体に触れられたりする...

続きを見る

心の病と整体

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第30話>「負のサイクル」を断ち切る1、専門の医療機関、クスリ2、カウンセリング3、運動4、食生活の改善5、質の良い睡眠6、生活習慣、生活リズム7、メリハリのある脳の...

続きを見る

心の病と運動

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第31話>運動の必要性心身症の方に、体を動かしましょう、運動をしましょうと言っても初めはできません。医療機関での治療、カウンセリング、リハビリあるいは施術をすることで...

続きを見る

美しい姿勢

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と第32話>まずはこの5つを意識してみて下さい。1)重心を、股関節より、指3~4本前くらいに置いてください。感覚的には左右の坐骨結節を結ぶ線の真ん中に重心を意識して、恥...

続きを見る

障害克服

<姿勢と、体と、心と、脳と第33話>想像してください、障害を克服した後の生活を。どんな痛みや苦しみにも、不快感とともに恐怖感が伴います。「自分は、治るのだろうか・・・」さらに、心の障害を抱えてい...

続きを見る

腰痛の原因

多くの方が、身体のどこかに痛みや不調を抱えていらっしゃいます。特に、現代の仕事はパソコンを使用するものが多く、長時間座ったままということも珍しくはありません。そのため、肩こりや腰痛が現代病といわれる程...

続きを見る

腰痛の種類

腰痛は、多くの日本人が一生に一度は経験すると言われているほど、とても身近な症状です。腰痛の種類は、ひとつだけでありません。腰痛には様々な種類と原因があります。腰痛解消のための対策をする際には、まずは腰...

続きを見る

腰痛で動けない

腰痛は、私達の日常生活に大きな支障をもたらします。軽い症状であれば動く事はできますので、食事をとる・お手洗いに行くなど最低限の行動をする事はできます。しかし、重い腰痛に襲われてしまいますと痛みだけでな...

続きを見る

腰痛防止

腰痛というのは、一度なってしまうと癖になり、さらには日々の生活にも支障が出るほど痛みを伴うものもあります。中でも、ヘルニアなどは痛みに悩まれている方も多く、日々の生活においてもしっかりとケアをしなけれ...

続きを見る

骨盤の役割

近年、骨盤矯正は健康・美容に関するキーワードとしてよく耳にするようになりました。本屋には、様々な骨盤矯正に関する本が並び、ショッピングセンターにはパンツやベルトなどの骨盤矯正グッズが多く販売されていま...

続きを見る

肩こりの原因

日本の国民病とも言われている肩こりは、老若男女問わず多くの方々が悩まされている症状です。以前は、歳を重ねるにつれ起こりやすくなる症状でしたが、近年ではパソコンやスマートフォンなどの普及により、10代か...

続きを見る

スポーツ障害の種類

勝利を得るため、スポーツの練習をやり過ぎてしまうというのは、よくある事です。しかし、身体のどこかに痛みがあったり、疲労のピークの中で練習を続けるという事は「スポーツ障害」を招く原因になりかねません。頑...

続きを見る

子どものスポーツ障害

お子さんにとって、スポーツ障害はこれからの進路や、スポーツ選手の将来に大きな影響を及ぼしかねません。スポーツ障害の症状が進行してしまうと、お子さんにスポーツを断念させなくてはならない事態になる可能性も...

続きを見る

上半身のストレッチ

姿勢が悪いと感じたり、人から言われたりする。背中が最近、丸くなってきた。(猫背)胸が張れない。なんか無意識に顎が上がっている。口をぽかんと開けている。お腹のたるみが気になる。内臓(胃や腸)下垂している...

続きを見る

骨盤エクササイズ

腰が重い、つっぱり感がある。出尻である。板の間に仰向けで寝るとおしりが痛い、ゴリゴリする。普段、あまり歩かない。膝や脚が痛くて歩けない。仕事などで一日中歩くのだけれど、ちょこちょこ歩く。子宮後屈、生理...

続きを見る

姿勢とエクササイズ

リラックスして座ってください。どんな姿勢で座っていますか?腰が落ちて(骨盤が後ろに傾く)、背中が丸くなり(猫背)、お腹がぽっこり出ていませんか?しかも、骨盤を立たせて胸を張ろうとすると、・腰が痛い・背...

続きを見る

自律神経

当院の治療方法は、骨格矯正・筋肉調整によって体の「ゆがみ」を取り除き、身体バランスを取り戻します。症状部位へのアプローチにより、痛みの除去や障害の改善を行います。血液・リンパ循環を促し、神経伝達を正常...

続きを見る

柔軟性テスト

1)バレー、バスケ、テニス、ゴルフ、美容師、庭師、パソコンなど肘や肩の上げ下げの繰り返しや、逆に1日中持続的に手を上げながら作業をする方。☞体のゆがみや背中の筋肉の柔軟がなくなり、肩を上げる機能が低下...

続きを見る

片側の痛み

なぜ片側だけに痛みがでるか“貴方の楽しみややる気を奪う・・・痛み”あるいは、しびれ、違和感、疲労感、内臓の不調、自律神経の失調による不定愁訴etc例えば、“右側の膝...

続きを見る

よく脚を組んで座る椅子に腰掛けると何気なく脚を組んでしまう方は多いと思います。しかしこれが習慣になってしまうと、骨盤とくに、仙腸関節に歪が起きてしまい、関節の動きが悪くなります。女性の場合、骨盤がゆが...

続きを見る

オスグッド病

オスグッド・シュラッター病膝下が変形してしまい、強い痛みの為、運動制限をよぎなくされる場合もある障害。(中学・高校生くらいに多い)ももの前側の筋肉は、股関節から膝関節をまたいで膝の下(すねの上部)につ...

続きを見る

成長痛

「成長痛で膝が痛い、痛みが強くなる一方で、膝を曲げることも出来なくなった」と施術にみえる子供さん達がいます。「スポーツをしているのでしょうがないですよね。。。」と仰る。触診、検査させて頂くために腰掛け...

続きを見る

ジュニアの筋トレ

子供も筋トレした方が良い?小学生、中学生のお子さんを持つ親御さんに質問されることがあります。まず、スポーツに筋トレは必要です。最近はインナーマッスルのトレーニングが流行っています。インナーマッスルのト...

続きを見る

スポーツのケガ

スポーツにケガはつきものです。当院にも、オーバーワークで故障したとか、高校生、大学生になって、勝てなくなった、スランプに陥っていると言って、施術にみえます。ほんとにオーバーワークだけなのかほんとに競技...

続きを見る

ストレス

筋肉ストレスと脳ストレス疲れが溜り、肩がこり、体が重だるく、筋肉が緊張しているとき・・・気分までなんとなくブルーで、イライラしませんか?筋肉の筋紡錘(筋の伸展度を感受し、中枢に伝える装置)は、筋肉の収...

続きを見る

食事

食事は腹七分目胃腸に負担をあまりかけないようにすることが重要です。過食は胃腸に負担を強いて弱らせるだけでなく、未消化の原因になります。未消化の食材が胃腸から吸収されると、体はその食材をうまく処理するこ...

続きを見る

冷え

当院では、ぎっくり腰など急性期の痛みの場合は痛みが止まるまで、慢性期の障害の患者さんは心がけとして、体を冷やす食品の摂取を控えて頂いています。<冷えは万病の元です>冷えというと、服を着込んだり、カイロ...

続きを見る

自己治癒力を上げる

<生活上注意すべき点>■適度な運動を行う(身体の障害で、運動ができない場合は別です)週に2回は30分以上の有酸素運動を行ってください。運動後にしっとり汗をかく程度以上の運動です。■食事は腹七分目食事参...

続きを見る

再発

再発にたいする考え方治療終了時、痛みや障害が改善された後に、患者さんからよく受ける質問があります。ある患者さんとのやり取りから、私の思いが伝われば幸いです。『症状はスポーツによる強い腰痛。走っていると...

続きを見る

美しい座り方

美しく健康的な姿勢ってなに?を問う前に座った時に良くない姿勢になってしまう原因は・・・?坐骨でなく尾骨で座ってしまっていることです。体重をお尻にドッカリ乗せて座っていませんか?自然と骨盤が後ろに傾き、...

続きを見る

隠れO脚

高校生女子の患者さん、パフォーマンス系の部活に所属。厳しい練習が続き、ふくらはぎに強い痛みがあり、練習できないとのこと。「これ、膝から下がO脚ですね」なんて話しをしたら、「いいえ私、内股なんです」とい...

続きを見る

観空治療院のご案内

住      所:

〒441-0101
愛知県豊川市宿町佐平山52-1

アクセス:

名鉄名古屋本線 伊奈駅 徒歩7分

お問い合わせ・ご予約
0533-78-5401
受付時間:
8:30~12:00/14:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ