豊川市で支持率NO1の整体であなたのつらい肩こり腰痛を改善します!伊奈駅から徒歩7分、駐車場あり。

観空治療院


内臓下垂

<姿勢と、カラダと、ココロと、脳と 第13話>

内臓下垂が起こる理由

内臓下垂が起こる理由として

・食べ過ぎ、飲みすぎ
・運動不足
・ストレス     などが思い浮かびますが、下記に思い当たる方は要注意です。

  • 日常的に姿勢が悪い
  • 意識して姿勢を良くしているつもりでも、正しい姿勢が取れなくなっている
  • 産後、骨盤がきれいに整っていない
  • 年齢とともに、体幹を支える筋肉が弱ってきた
これらにあてはまる場合、腰が落ちて、背中が丸くなっています。Fotolia_53096443_XS1.jpg

骨盤が後ろにたおれてくると、骨盤は広がる傾向にあります。

妊婦さんを想像していただくとわかりやすいですね。

胎児が大きくなると、その受け皿である骨盤は、後ろにたおれて、外に広がり、受け皿としての面積を広めます。

妊婦さんでもないのに、同じような骨盤や姿勢でいれば、そこに内臓が下垂してきます。

内臓下垂の影響

内臓機能低下、自律神経の不調、免疫力低下、冷え、老化を促進させます。

また、内臓が下垂することで、腹部の大腰筋などインナーマッスルが下に引っぱられます。

筋肉が引っぱられつづくと、筋肉内の血液の流れが悪くなり、筋肉は硬くなり、柔軟性が失われます。

インナーマッスルは、体幹のバランスを維持する役割があるのに、

それが機能しなくなるため、

本人は、背筋を伸ばして、姿勢を良くしているつもりでも、腰が落ちたような姿勢になってしまいます。

膝を曲げて、恥骨を前に出して、腕を体の後で振って歩く、年配者によく見かける姿勢です。

若い方でもいるんですよ。ご本人は気づいていないようですが。。。

内臓下垂がさらなるゆがみを引き起こす

骨盤が後傾した状態が続くと、骨盤にある仙腸関節や、骨盤と腰椎を繋ぐ腰仙関節に過剰な負荷がかかり続けます。

内臓が下垂してしまうと、自力で骨盤の位置を戻すことができなくなります。

それでも脳は、別の部分をゆがめてでも、人体の機能を維持しようとします。

そのゆがみは、骨盤だけでなく、脊柱全体に広がり、肋骨や手足までゆがんできます。

これが、ゆがみの連鎖に繋がります。


下腹がぽっこりして気になる方、ストレスによる胃腸の調子の悪い方、骨盤がゆがんでいるなと感じる方、運動や食事制限をしてるのになかなかお腹が引っ込まない方

それは、おなかの脂肪だけが原因ではないかもしれません。骨盤調整などご希望の方は、お気軽に当院にお越しください。



観空治療院のご案内

住      所:

〒441-0101
愛知県豊川市宿町佐平山52-1

アクセス:

名鉄名古屋本線 伊奈駅 徒歩7分

お問い合わせ・ご予約
0533-78-5401
受付時間:
8:30~12:00/14:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ