豊川市で支持率NO1の整体であなたのつらい肩こり腰痛を改善します!伊奈駅から徒歩7分、駐車場あり。

観空治療院


  • よく脚を組んで座る

椅子に腰掛けると何気なく脚を組んでしまう方は多いと思います。

しかしこれが習慣になってしまうと、骨盤とくに、仙腸関節に歪が起きてしまい、関節の動きが悪くなります。

女性の場合、骨盤がゆがんでくると血液・リンパの流れが悪くなり子宮内は鬱血した状態になります。

結果、婦人科系の弱りにつながります。

  • 背中を丸めて横向きで寝る

両手で両膝を抱え込み、極端に体を丸めて、寝る若者が増えているそうです。

この姿勢で寝る人は、アトピー、喘息、花粉症などアレルギー性疾患に悩むことが多いようです。

  • いつも同じ側にバッグをかけている

バッグの片側かけは背骨のゆがむ原因です、

背骨の脇の血管のまわりにあるリンパ管を流れるリンパ液が滞ってしまい、全身のむくみ、冷え性を起こしやすくなります。

またいつも同じ肩の筋肉(肩甲挙筋)をつかっているので、肩こり、頭痛の原因にもなります。

  • 頬杖をついて座る

頬杖は首の筋肉を保持し、姿勢を休める格好ですが、これが常だと、腹筋がゆるんでしまい、

内臓下垂を起こしやすくなり、腸・生殖器・婦人科の圧迫、便秘や下痢に。

また顔の骨格もゆがむ、頬杖は両側、片側に限らず、3時間以上やると奥歯の噛み合わせが0.04mmずれるそうです。

結果、脳の血液循環の低下、胃腸の消化が悪くなり、運動能力が落ちてきます。

  • 猫背

膝が曲がって、腹筋が弱く恥骨を前に出し、腰が引けていて、背筋が弱く背を丸くして、顎が前に出ている姿勢です。

長時間のデスクワークやパソコンを打つ仕事、テレビを見る姿勢が悪い、歩かなくなったなどで出来てくる姿勢です。

あらゆる骨格、筋肉、内臓等の変調をきたしやすくします。

  • 座ると自然に両膝が開く

内転筋(内ももた)が弱くなって膝を閉じる内側の筋力が低下しています。

内転筋の弱りは、内臓や生殖器、婦人科系の働きが弱くなります。

ホルモンのアンバランスといった更年期障害の症状が起こりやすくなります。最近は男性の更年期などもあるようですね。

  • 箸の「エックス持ち」は骨格がゆがんでいる
箸を交差させて持つ「エックス持ち」は骨格に歪みがある人に多い持ち方です。



観空治療院のご案内

住      所:

〒441-0101
愛知県豊川市宿町佐平山52-1

アクセス:

名鉄名古屋本線 伊奈駅 徒歩7分

お問い合わせ・ご予約
0533-78-5401
受付時間:
8:30~12:00/14:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ