豊川市で支持率NO1の整体であなたのつらい肩こり腰痛を改善します!伊奈駅から徒歩7分、駐車場あり。

観空治療院


オスグッド病

オスグッド・シュラッター病Fotolia_61582074_XS1.jpg

膝下が変形してしまい、強い痛みの為、運動制限をよぎなくされる場合もある障害。(中学・高校生くらいに多い)

ももの前側の筋肉は、股関節から膝関節をまたいで膝の下(すねの上部)につく筋肉ですが、

この筋肉が強く緊張し、硬くなってしまうと、この筋肉がついている膝皿の下の脛(すね)の部分を強く引っ張りつづけてしまい、

脛(すね)の骨が前にずり出されたようになってしまいます。


原因のひとつに、過度な運動によって、ももの内、前、後側の筋肉が硬くなり、

その状態で走ったり、ボールを蹴ったり、ボールを投げたり、コートをかけずり回りながらラケットを振るなどのストレスにより、

ももの後の筋肉がさらに硬くなり、骨盤を引っ張り(骨盤後下方変位)、おしりが後方に引かれるような姿勢になり、

ももの前の筋肉を上(体幹方向)に引っ張る。その結果、スネの上の部分が引っ張られ続け、炎症が起こり、オスグッド病になります。


また、骨盤が後に傾いた姿勢により、背筋、肩も硬くなります。

オスグッド病の子は腰部骨盤を含め、体のゆがみを整えて、足の筋肉の調整をすると、かなりの痛みの改善ができます。

しかし、オスグッド病の痛みを訴える子供が増えてきたのは、ただ骨盤の歪みだけが原因ではない事が考えられるようになりました。

腰を支える筋肉が弱いのです。

体の深部にある体幹を支える筋肉が弱いため、過度な運動に腰が耐えられず、足の筋肉に強い負荷をかけてしまい、足の筋肉を硬くしてしまいます。

また骨盤を歪ませてしまっても、この筋肉が弱いため歪みを戻す筋力もないという悪いサイクルが症状を悪化させてしまいます。


さらに中・高校生のスポーツ障害の「腰痛」についても、この筋肉の硬化が原因で腰が支えきれず、

腰の筋肉や腰骨に過度の負担をかけてしまった事によると思われる腰痛が非常に多いです。

その筋肉とは…「大腰筋」などのインナーマッスルです。


さて、スポーツには縁がないから関係ないわ、と言う方。下記思い当たる事はありませんか?
  • 最近、転びやすいという事はありませんか?
  • 部屋の敷居のほんの数ミリの高さにつまずく事はありませんか?
  • ちょっと階段を上ると呼吸が乱れる、階段を下りるのに足元がおぼつかないということはありませんか?
  • 猫背ではないですか?
  • 内臓が下垂気味ではないですか?
  • むくみ、冷え性、便秘ぎみではないですか?
  • ちょっと運動すると背中がすごく痛くなったり、肩が痛くなったりしませんか?
  • サッと動けなくなってきていませんか?(「よっこいしょ」が口癖)
  • 腰掛けている時、なにげなくテーブルに肘をつきたくなっていませんか?

これが「大腰筋」が弱ってきたことによる体の変化の一部です。

「大腰筋」とは足のももを上げる、背骨の正常な生理的湾曲を支えおしりの筋肉を引き上げる、骨盤を正常に保つ役割をする筋肉です。

もちろん「大腰筋」がすべてではなく、原因筋の一つであるということはご理解ください。

ヒトは4足歩行から2足歩行に進化する過程で、2本の足で体幹を支える深部筋を発達させる必要がありました。

しかしそれは、とくにトレーニングをしていた訳ではなく、自然に2本足でいられる筋肉を発達させていく事ができました。

それは歩くという行動でした。

狩りにいくにも、農耕をするにも、自然に足を使ったのです。

また一昔前の子供も、裏山に登ったり、木に登ったり、浜辺を走り、れんげ畑を駈けずりまわり、自転車で遠くまで出かけたり、

成長期に体幹を支える筋肉を充分に作ることが自然にできました。だから、今のお年寄りは丈夫なのです。

今、そしてこれから生まれてくる子供達は、成長期の大事な時期に体を充分に動かすことなく育ち、

スポーツにおいても充分な基礎訓練を費やすことはなく、体も作れていない状態からより専門的なトレーニングをしていくことで、

体にかかる負担は増え、忍耐力の低い、ストレスに耐えられない、体の不調のみならず、不定愁訴を訴える方が今以上に増えるでしょう。

日常生活において、「大腰筋」に刺激を充分与える事は出来ます。

ウォーキング(ちょっと早歩き)、階段を使う(スポーツをする方は一段飛ばしで階段を上ると効果大です)、自転車に乗る。
ただしこの時、足のももを上げた時に膝が体の外に出ないようまっすぐ上げてください(おじさん漕ぎはNGです)。




観空治療院のご案内

住      所:

〒441-0101
愛知県豊川市宿町佐平山52-1

アクセス:

名鉄名古屋本線 伊奈駅 徒歩7分

お問い合わせ・ご予約
0533-78-5401
受付時間:
8:30~12:00/14:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ