豊川市で支持率NO1の整体であなたのつらい肩こり腰痛を改善します!伊奈駅から徒歩7分、駐車場あり。

観空治療院


左肩の痛み

Fotolia_61425137_XS.jpg・左の肩甲骨の内側が痛くて眠れない
・左の肩が慢性的に痛い


このような症状で来院される患者様はとても多いです。

とくにここ最近は増えていますね。

仰向けに眠れない、左肩を取ってしまいたい、息苦しくなる。。。

あまりにも苦しいので病院で検査しても

ほとんどケースで異常なしと診断されます。

頚椎症や頚椎ヘルニアなどレントゲンなどで構造的な障害がないと、「異常なし」と診断され、鎮痛剤などが処方されます。

しかし、原因のない症状はありませんので

原因は 必ず あります。

なかなか治らない肩の痛みの原因

ほとんどのケースが、ゆがみによるものが多いです。

からだ全体のゆがみ、頚椎のゆがみ、肋骨や肩甲骨、鎖骨などの胸郭部のゆがみ

それらゆがみが複雑になるほど、周りの筋肉は緊張します。

筋肉が緊張する→筋肉が縮む→椎骨と椎骨が接近する→椎間板が薄くなる→背骨からでている神経を圧迫
椎間板だけでなく、鎖骨と肋骨、小胸筋と肋骨などが接近し、首から出ている神経を圧迫

筋肉が緊張する→筋肉が硬くなる、血流が悪くなる→筋肉が神経を圧迫

筋肉が緊張する→筋肉が縮む→反してゆがみによって神経が引き伸ばされる→受容器が過敏に反応する

など筋肉や関節、骨などの不具合によって特定の部位に痛みが出るケースがあります。

では

なぜ左右、どちらかに痛みの出るケースが多いのでしょうか?

なぜ片側にしか出ない痛みがあるのか

べつにからだ全体にゆがんだり、捻じれていたりしているのならば、左右同時に痛みがあってもよいと思いませんか。

どちらか片方に痛みが出る理由としては、可動の問題があります。

複雑な体のゆがみ、筋肉や靭帯の緊張によって可動域に左右差がある場合、やはり可動域が落ちている方に障害が出ます

そのために、施術前、施術後に様々な関節の可動域検査を行い、その可動域に変化が出ているかがとても大切です。

痛みの原因はまだあります

さらに内臓とのからみがとても重要になっていきます。

整形外科的な問題がないのに、痛みが数か月以上続く場合、内臓の疲労、内臓の病気が潜んでいるかもしれません。

左上半身であれば、肺、心臓、脾臓、膵臓、胃など
右上半身であれば、肺、肝臓、胆のう、回盲部、盲腸など

内臓の「病気」が原因ならば、話しが早いです。
あきらかに内臓疾患の疑いのあるケースは病院で検査してもらいます。
急性膵炎、C型肝炎、胆のう炎、胆のうガン、膵臓ガン、不整脈、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などなど様々なケースがありました。
うちに来院されたときには、体の痛み以外はなんの症状もない、数か月前の健康診断では何も問題はなかったなどはふつうにあります。

内臓疲労による痛み

生活に支障が出るくらいの痛みであるにもかかわらず「内臓の疲労(機能低下)」が原因の場合は、病気ではないので、病院で検査してもなにも出ません。

これが患者さんにはなかなか理解しにくいですね。

内臓疲労のケースは、患者さんの体力が落ちているので、ごりごり長時間マッサージすると、かえってこじれてしまいます。

カイロプラクティックや整体には、どの内臓機能が低下しているかを検査する方法があります。

そして、その部分を施術することで、痛いところをゴリゴリ押さなくても、症状は改善していきます。

左肩の症状にかぎらず、体のどこが痛くても、内臓が絡んでいるケースはとても多いです。

もし、なかなか治らない肩こり、腰痛などあるようでしたら、豊川市にある観空治療院にお気軽にご相談ください。




観空治療院のご案内

住      所:

〒441-0101
愛知県豊川市宿町佐平山52-1

アクセス:

名鉄名古屋本線 伊奈駅 徒歩7分

お問い合わせ・ご予約
0533-78-5401
受付時間:
8:30~12:00/14:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ