豊川市で支持率NO1の整体であなたのつらい肩こり腰痛を改善します!伊奈駅から徒歩7分、駐車場あり。

観空治療院


五十肩

Fotolia_101424253_XS1.jpg


<これからは五十肩になる20代・30代が大量発生!?>

 五十肩、というとその名前の通り五十代でなる病気、というイメージをもっている方も多いのではないでしょうか。
 
しかし実は、現代人の生活習慣が昔と比べて変化してきたことにより、30代や20代で五十肩になってしまう事例が最近増えてきているようなのです。
 
もはや若くてもひとごとではない、五十肩についてご紹介していきたいと思います。

 

<そもそも五十肩とは?>

 五十肩とはどんなものかというと
 
ある日唐突に、もしくは最初は肩の違和感から始まって、肩を上げようとすると鋭い痛みを感じて、それ以上は痛みで肩を動かせなくなる症状です。
 
五十肩は病名ではなく症状です、医学的には「肩関節周囲炎」という病名で呼ばれているものです。
 
発症するのは、50代からもしくは40代頃からといった中高年が多く、そのため「四十肩」とも言われています。
 
この五十肩ですが、なんと文献から江戸時代からあったことが分かっており、歴史的には意外と古い付き合いの病気なんです。
 
しかしそれほど昔からあることは分かっていた病気なのに、現代の医学でも五十肩の仕組みははっきりと解明されていないんです。
 
ただし、現代の医学もただボーッとしていたわけではなく、最近では五十肩の原因や予防方法も分かってきており、また現代の生活習慣ならではの五十肩の発症リスクも分かってきました。

 

<五十肩の症状とは?>

それでは五十肩がおよそどんなものか分かったところで、具体的な五十肩の症状をみていきましょう。
 
五十肩には「急性期」と「慢性期」という二つの時期に分けられます。
 
ある日突然、肩が上がらなくなってしまい腕や肩に激しい痛みが出るのが五十肩の「急性期」です。
 
急性期では程度によっては、腕や肩を動かしていなくても痛みが出たり、痛みは指先まで達することもあります。また痛みだけでなく「しびれ」も出ることがあります。
 
この急性期は夜寝ていても、痛みで目が覚めてしまうほどになることもあります。そしてこの激しい痛みが続く急性期は多くは数日で治まるようになります。
 
その後はにぶい痛みが1カ月から2カ月ほど続くことが多いようです。
 
そして次にくるのが「慢性期」です。
 
慢性期は肩や腕を無理に動かしたり、急に動かしたりしなければ痛みはあまり感じなくなります。
 
しかし以前のように十分に腕を上げることができなくなったり、腕を後ろにまわしたりという動作が五十肩になる前より制限されてしまうような状態になります。
 

<五十肩になってしまった時の対処は?>

五十肩になると、急性期は激しい痛み、慢性期は痛みが治まっても腕の動きが制限されてしまって着替えや洗髪、物を取るなどの日常生活をするのにも支障がでてしまい、そのままにしておくわけにはいきません。
 
一番良いのは専門家にみてもらうことですが、五十肩になってしまった場合により悪化させないための対処として、まず激しい痛みがある急性期は、なによりも安静にすることが最も大切です。
 
五十肩になると、固まらないように動かして治すという方法をしますが、急性期で炎症のあるときに無理に動かすと、ほぼこじれます。
 
無理に動かすと悪化してしまうこともあるのでできるだけ動かさないように、楽な姿勢になるのが良いです。
 
仰向きに寝たときに痛いときには、バスタオルをくるくると巻いて、痛い肩の下にかってあげると、痛みが和らぐ場合があります。
 
次に、痛みは取れてきたけど腕や肩が動かしにくくなっている慢性期ですが、この時期に肩を動かさないままでいると筋肉が固くなってしまい、より肩が動かしにくくなる状態になってしまうので、ゆっくりとしたストレッチや体操などで適度に筋肉を動かすことが重要です。
 
しかし痛むのに無理して動かすのは症状を悪化させるので、あくまで痛まない程度にゆっくりと動かすようにしましょう。
 
また、慢性期には炎症は治まっていると考えられるので、できるだけ肩を冷やさないよう、温湿布やカイロなどで患部を温めたり、ぬるめのお風呂にゆっくりとつかり体を温めることが五十肩を少しでも改善させるには有効です。


 

<痛みがなくなったら完治?>

 五十肩は先ほど紹介したように、激しい痛みがある急性期、そして痛みはほとんどなくなるが肩の動きが制限されてしまう慢性期があり、その後は痛みはほぼ感じないほどになり、肩も少し動くようになってくる状態となります。
 
これは一見するとまるで完治したような気になってしまいますが、五十肩になる前の状態と比べると肩を動かせる範囲が狭くなったままの状態なので、残念ながら完治しているとは言えません。
 
しかもこの状態のままでいると、狭い範囲でのみ肩や腕を動かすことになり、本来使っていた筋肉が使われないことでますます衰えてしまいます。そうなると体全体のバランスが崩れ、肩こりや腰痛に繋がったりして、新たに体に痛みがでるようなことになってしまいます。
 
ですので、痛みがなくなったからといって適切な治療を受けないままで放っていることは絶対にやめましょう。
 

<五十肩の原因と予防方法は?>

 五十肩について詳しくなかったという方も、意外と五十肩は怖い病気だということが分かっていただけたでしょうか。
 
しかしこの実は恐ろしい五十肩が、最近では30代や20代の方にも増えてきているのです。
 
五十肩の主な原因は老化にあると言われてきました。50代頃の中高年になってくると肩の筋肉に衰えがでてきて、筋肉の中の腱(けん)が弱くなって炎症を起こしやすくなるのが原因とされていました。
 
これも原因の一つではもちろんありますが実はこれ以外にも、生活習慣やストレスが五十肩の原因になっていると今ではいわれています。
 
例えばパソコンやスマホを長時間利用することで同じ姿勢でいる時間が長くなり、慢性的に姿勢が悪くなることで肩に負担がかかり、五十肩の原因につながります。
 
また食生活の乱れやストレスをため込んでしまうことで血行不良につながり、肩の血流が悪い状態が続くと炎症を起こしやすくなってしまいます。
 
こういった生活習慣の方が増えている現代では今後20代、30代で五十肩を発症する方がかなり増えてくるのではないかと言われています。
 
また、以前に大きな怪我をしたことがある人も、その怪我をした部分をかばって日常生活をしてしまうことで、体のバランスを崩して必要以上に肩に負担がかかっている場合は、五十肩につながる可能性があるので注意が必要です。
 
さらに細かいところでは、普段から猫背の方や、女性の履くハイヒールなんかも肩に負担がかかってしまっている場合が多く、後々五十肩の原因となる可能性があります。
 
若いから、と油断することなく日頃から適度な運動をしたり、規則正しい生活を心がけ、バランスの取れた食事を摂り、できるだけストレスを溜めないようにするといった努力も五十肩の予防には必要になってきます。
 

 

<五十肩と整体>

 五十肩は、片側に出るケースがほとんどです。片側が治って数年後に反対側が出るというケースも多くなっていますが、両肩同時に出る人は少ないです。そして利き腕に出やすいかというと関係ないです。
 
五十肩は、肩のインナーマッスルの老化が原因とされてきました。老化が原因ならば、両肩に出る人が多くてもよいと思います。現実は違いますね。
 
ならば、老化は原因のひとつにすぎません。

・巻き込み肩、猫背
・体のゆがみ
・筋膜のねじれ
・機能低下を起こしたり、下垂している臓器
・呼吸が浅く、横隔膜の動きが小さい
・内臓の機能低下、浅い呼吸、姿勢の悪さ、ストレスによる大腰筋や腹斜筋、腰方形筋など体幹部のインナーマッスルの硬化
・血液の循環不良による筋肉の質の低下、機能の低下 などなど
 
こういった様々な要因が重なり合って、五十肩は発症します。

病院に行って「使いすぎ」「老化」と診断されて、湿布やホットパック、マッサージ、リハビリでなかなか良くならないケースは、症状のある肩だけを一生懸命治療して、たくさんある要因を消していかないからです。
 
やみくもに肩をマッサージしても、痛い肩を泣きながら動かしても、五十肩は治りません。
 
なぜ、患側の肩が動かせなくなり、痛みがでているのか、あらゆる要因を診つけることが、まず第1に必要なことです。

当院で検査をしていくと、見事に患側の肩が上がらなくなる要素が浮き彫りになっていきます。
 
あとは、診つけた要因を消していくだけです。簡単に解消できるものもあれば、何度もアプローチしていかないと解除できない部分もあります。
 
五十肩ですぐに症状が改善できるケースは、体のゆがみのみで痛みが起きている場合です。
タオルをねじると、固くなりますね。固くなったタオルは横に引っ張ることもできなくなります。
 
人間の体も、3Dに複雑なゆがみが起きると、体が固くなります。固くなった筋肉が神経や血管を引っ張ったり、潰したりするので、強い痛みが出ます。
 
この時期で起きている五十肩は、体にゆがみを解除するだけで、すぐに痛みは消え、動きもよくなります。逆にゆがみを戻さない限りは、痛い部分だけをマッサージしても治りません。
 
この時期を過ぎてしまい、からだのゆがみが極まってくると、それ以上ゆがめないのでからだ全体がぎゅーっと固くなってきます。筋肉、関節、内臓の機能が格段に低下し、自律神経も緊張するので、痛みに過敏になります。
 
解除する部分も多く、解除するにも時間がかかります。
 
さらに、もっと症状が進行し、肩の関節に強い炎症や、石灰沈着化してくると、改善にはかなりの時間がかかります。
 
施術スケジュールに従って、根気よく施術をしていくとほとんどのケースで痛みは消失します。
 

<まとめ>

 五十肩には急性期と慢性期があり、急性期には安静にする、慢性期には温めてゆっくり動かすようにする。
 
そして痛みがなくなっても完治したわけではなく、そのままにしておくと悪化してしまうこともあるので必ず適切な治療を受ける。
 
そして五十肩は加齢による老化だけでなく、普段の生活習慣による姿勢の悪化や、食生活やストレスまでもその原因になり得る、ということをお伝えしてきました。
 
腕が上がらない、というのは普段生活している中ではなかなか想像がつきにくいかもしれませんが、まず朝起きて最初に行う着替えすらできない、ということを考えると実は五十肩はとても恐ろしい病気なのです。
 
しかし現代ではほぼ原因やその予防方法が分かっているので、ぜひ20代、30代のうちから予防に心がけたいですが、独断で行うのはむしろ悪化させてしまう場合もあり危険です。
 
五十肩になってしまった後の治療やリハビリにしても、また予防をするにしても必ず専門家にみてもらって、相談をして自分に合った正しいやり方を行うようにしましょう。

なかなか良くならない五十肩にお悩みの方は、一度当院にご相談ください。



観空治療院のご案内

住      所:

〒441-0101
愛知県豊川市宿町佐平山52-1

アクセス:

名鉄名古屋本線 伊奈駅 徒歩7分

お問い合わせ・ご予約
0533-78-5401
受付時間:
8:30~12:00/14:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ