豊川市で支持率NO1の整体であなたのつらい肩こり腰痛を改善します!伊奈駅から徒歩7分、駐車場あり。

観空治療院


胸部賦活エクササイズの補足

背中を丸くして、肩甲骨が前に巻き込んだ姿勢でいつづけると、
肋骨上を肩甲骨がスライドできなくなり、肋骨と肩甲骨がくっついた状態になります。

正常な状態は、肩甲骨と肋骨の間に手を差し入れることができます。

つまり、肩甲骨の動きに制約がある限り、胸を開くことも上半身を正すこともできません。

ダイエットにおいても、肩甲骨の動きは非常に重要なポイントになります。

施術するのが一番良いのですが、自分でもできるエクササイズを紹介します。

http://kankuu-cure.com/pages/kankuucurereport/001243.html

この操法は、毎日1日1回行うと、肋骨と肩甲骨の動きだけではなく、胸椎も含めた胸郭全体の動きが出てきます。

非常に体が変わるため、1日1回しかできません。

単純に両手を拳上した状態で、体を左右、捻じれ、前後に倒すストレッチでは効果がありません。

エクササイズ前に、両手を横からバンザイしたり、前からバンザイして、どのくらい手が上がるか、腕の重み、肩関節の動き具合など見てみると良いでしょう。

ステップ1~10まであります。
意識するポイントのみ列挙します。エクササイズはhttp://kankuu-cure.com/pages/kankuucurereport/001243.htmlを見てください。

ステップ3:体を横に倒す動作。例えば、右に体を倒したときに、より右に倒すのを意識するのではなく、反対側の左の肋骨の間隔をひとつひとつ広げていき、左の肋骨を天井方向に突き上げる感じで行ってください。

ステップ4:体をねじる動作。けっして横に倒すのと捻じるのを同時に行わないでください。まずは真横の体を倒し、その倒した状態から天井を見るように体を捻じります。

ステップ6:両手を合わせて前方に伸ばす動作。背中を意識して丸くし、背中を後方へ、伸ばした両手を前方に、相反する方向に極限まで伸ばします(呼吸は止めない、息を吐きながら行います)。

ステップ7:合わせた両手を拳上する動作。背中を伸ばしながら胸を張って顎は引きます。顔は下を向かない、前方を見ます。
この時に,顎と舌を意識するとより効果的です http://kankuu-cure.com/pages/diary/002093.html

ステップ9:両肘を曲げながら手を下す動作。とにかく左右の肩甲骨を寄せてください。くっつくのが理想です。
両肘を体の脇につけていきながら、両側の肩甲骨を絞るように寄せます。

この状態を5秒くらい維持して(呼吸は止めない、普通の呼吸でいいです)、ゆっくり手を下します。

エクササイズあとに再度、両手を横から、前からバンザイして、変化の具合があるか感じてください。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

観空治療院のご案内

住      所:

〒441-0101
愛知県豊川市宿町佐平山52-1

アクセス:

名鉄名古屋本線 伊奈駅 徒歩7分

お問い合わせ・ご予約
0533-78-5401
受付時間:
8:30~12:00/14:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ