豊川市で支持率NO1の整体であなたのつらい肩こり腰痛を改善します!伊奈駅から徒歩7分、駐車場あり。

観空治療院


正しい姿勢をとるときのポイント

エクササイズ、トレーニングを行う際に

正しい姿勢やフォームで行わなければ

効果がないばかりか、逆に体を壊してしまう場合があります。

正しい姿勢を取る時には次の5つを意識すると良いです(座位)。

http://kankuu-cure.com/pages/posture/001794.html

しかし、最近、頭が前にスライドしている人が多い(顔を前につきだしたような状態)。Fotolia_51424721_XS1.jpg

このような姿勢の人に顎を引いていただくと、

頭が後方にスライドせずに顔が下を向いてしまいます。

パソコン、ゲーム、テレビやスマホ、体操座りなどが原因の1つとも言われています。

そこで、次を意識してください。

顎を引く際に、舌を上あご(口内の天井、歯の裏側)につけた状態で顎を引いてください。

頭が後方にスライドしやすくなります。

さらに、

頭が、後方にスライドしていき、骨盤を立たせ、綺麗なS字カーブを描いた背骨の真上にきた瞬間(頭と仙骨のバランスがとれた刹那)

骨盤がキュッと締まるのが体感できると思います。(ニュートラルポジション)

骨盤を後傾させ背中を丸めている人や、骨盤を前傾させおしりを突き出している人は、

骨盤内の関節や、骨盤と腰椎をつなぐ関節が不安定なため、

ゆがみやズレが起きやすく、元にもどりにくい状態にあります。

子供の頃、手掌の上に箒(ほうき)を立たせる遊びをしませんでしたか?箒がまっすぐ立った時、手の関節は締まっています。

この脊柱がもっとも安定した状態は、下腹部(丹田)に力が集まり、脳と脊髄と仙骨の最良なポジションにより体液循環を促します。

さらに、

舌を上あごの裏につけて顎を引くことにより、口呼吸ではなく鼻呼吸になります。

鼻呼吸は鼻の奥の粘膜を刺激し、その上にある脳の活性を促します

また顎を引くことで、首の骨の中を通っている椎骨動脈(脳を栄養する血管)の血流を促します

気功の流派によっては、舌を上あごにつけて呼吸法を行います。

アスリートにこの呼吸をさせ、骨盤や腰椎を安定させる指導を行っている場合もあるそうです。

まずは試してみてください。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

観空治療院のご案内

住      所:

〒441-0101
愛知県豊川市宿町佐平山52-1

アクセス:

名鉄名古屋本線 伊奈駅 徒歩7分

お問い合わせ・ご予約
0533-78-5401
受付時間:
8:30~12:00/14:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ