豊川市で支持率NO1の整体であなたのつらい肩こり腰痛を改善します!伊奈駅から徒歩7分、駐車場あり。

観空治療院


観空治療院で使うテクニック


私は、国家資格所有者(国が認定する3年制専門学校を卒業し、国家試験合格者)です。

また、最低月1回以上のセミナーを継続しており、常に最新の技術を学び続けています。

さらに、在宅介護や施設などで寝たきりや歩行困難の患者様への施術も行っているため、
幅広い症状に対応できます。

整体法や手技療法には様々な種類があり、私もたくさんの手技を学びました。

現在は下記内容をメインに施術しています



・体のゆがみを矯正し、血流を促進させ、自己治癒力を回復
・筋膜の調整(特殊なタッチで、筋膜のねじれをとり、筋膜下にある血管、リンパの流れを促します。
・関節包内の運動を促し、関節可動域を回復
・骨格矯正により、神経伝達システムの正常化
・内臓調整により、カラダの内部システムの正常化
・頭蓋骨調整により、
自律神経のバランスを整え、脳脊髄液の循環を促すもとにより、カラダの内部システムの機能を回復



主に使う手技

❖疲労回復ABC整体
❖NST
❖JSA
❖酵素整体
❖均整法
❖カイロプラクティック


 

疲労回復整体

疲労回復整体の絶対法則は、身体の損傷部位は自らの自然治癒力が治すという考えです。

そして、自然治癒力が働くためには、身体の体液が十分に質があり、滞りなく循環できていることとしています。

細胞にとって必要な栄養素は、体液をもってそれぞれに供給されます。質の良い栄養素の供給により、細胞は本来の働きを取り戻し、回復へと導きます。

よって、疲労回復整体は、からだのゆがみを戻すことで、体液の流れを良くします。

2つのゆがみのパターン
・生理的問題
日々蓄積された疲労が自然治癒力を上回ると問題が発生します。疲労物質は、内臓によって処理されるため、はじめに内臓疲労が強くなります。身体は、内臓の負担を和らげるために、内臓が働きやすい環境を作り始めます。つまり、身体をゆがめてでも内臓の働きやすい環境をつくろうとします。しかし、ゆがみが強くなってくると、筋肉などが硬くなり、コリなどが現れ、血液などの流れが悪くなります。その結果、軟部組織などが損傷してきます。

・解剖学的問題
生理的問題が続くと、軟部組織はカルシウム沈着や癒着が起こり、関節などの動きがとても悪くなってきます。骨の変形なども起きて、慢性化してきます。

これら2つのゆがみのパターンを特殊なテクニックで改善することにより、症状の回復を目指します。


 

NST

『内臓テクニック』 『クラニアル(頭蓋骨)テクニック』 『エネルギーテクニック』

<対象症状>
・通常の整体では、改善しきれない筋・骨格系の障害
・内科系の症状
・アトピーや喘息などのアレルギー症状
・自律神経の失調、心身系の症状
・不妊症、婦人科系症状
・難病


当院では、病院での治療、薬を否定していません。

難しい症状の場合、病院での検査、治療、経過観察、薬、リハビリなどは必要です。

NSTを施すことで、からだの機能回復、向上、体質の改善などが変わってくるため

症状や障害の改善という最終目的だけでなく

その過程にある、

・食べたものをしっかり内臓で処理して、エネルギーを吸収する体

・老廃物を解毒、排泄できる体

・血液、脳脊髄液など体液循環が滞りなく行える体

・免疫力の向上

・質の良いを細胞の作れる体

・薬が必要の場合、薬の効きやすい、なるべく少ない量で最大限の効果を出せる体

・リハビリ、セルフケアで最大限に動ける体

など
NSTの可能性は多岐に広がります。

 

JSA

JSA(Joint Skating Approach)とは、関節機能障害を改善、予防するために、関節の解剖運動学をもとに、関節の運動をスムーズに稼働させ、関節構造を正しい状態に戻すことで、関節の機能的、構造的な問題を解決します。

JSAでは、関節の解剖学的な構造を踏まえ特殊なアプローチによって、関節包内運動を積極的に促す(関節の正しい運動方向へ関節面同士を滑らせるように繰り返し動かす)ことで、関節の動きが滑らかになり、包内運動の改善のみではなく、血流、関節液の循環により、関節の変形や関節面の修復も期待されます。

関節包内の動きが正常化していくと、狭くなっている関節面のすき間が広がり、関節面もなめらかに平坦化し、関節の構造全体が正常化していくことがよく見られます。

変形性関節障害はもとより、病院の検査では異常がでないレベルの関節面同士の狭さは、関節の動きの悪さにつながり、周りの筋肉を緊張させ、不必要に疲労をさせ、筋肉が硬くなることにより、痛みやしびれを引き起こすことがあります。

JSAは、バキバキすることなく、関節の矯正をすることが可能です。


 

均整法

身体均整法の目的は、国民の健康な体づくり、身体能力の向上を図り人々が活き活きと生活する社会をもたらすことです。

亀井進先生によって創始され、1951年設立された身体均整協会によって世に出ることになりました。

創始者亀井進先生は、 身心の問題の見られるところには体の歪みが観察されることに注目しました。

体の歪みが身心に影響を与えること、さらには、体の歪みを整えることが、身心の問題のより根本的な解決になることを検証して行ったのです。

そして、体の歪みを修復することで、身体と精神活動を良いものにする方法を作りあげて行きました。それが身体均整法です。

身体均整法の手段は2つに分けられます。

各人が自分自身をケアするための自動体操と、他の人を調整する他動法です。他動法は、手技を用いることが主になります。

これらによって身心の問題をつくり出す体の歪みを修復しようとするものです。

それらの実技を理論的に支えるものとして均整学があります。

身体均整法は、健康回復法として体の異常克服に応用される他、容姿(美容)の改善、頭骨調整などによって精神活動の改善などにも応用されます。

いずれも、体の中に歪みを見出し、歪みを操縦するという原理によって行われます。

身体均整法は、医学とは異なったものであると主張します。

医学というものは、その目的が、病気の治療、予防であって、病気を中心にしてその周辺の問題に取り組むものです。

これに対し、身体均整法は、体の歪みというものを中心にものを考えます。

歪みがつくり出した身心の問題に対して、歪みを整え、体質を転換、矯正することで体の問題にこたえを出そうとするものです。

わかりやすくすると、つぎのように表現できるでしょう。

すなわち、体の歪みの問題からくるものは均整法が有効であり、体の歪みの問題として扱えないものは、均整法ではない方法、医学などの分野で扱う、という言い方です。


均整法学会ホームページより引用

 


観空治療院のご案内

住      所:

〒441-0101
愛知県豊川市宿町佐平山52-1

アクセス:

名鉄名古屋本線 伊奈駅 徒歩7分

お問い合わせ・ご予約
0533-78-5401
受付時間:
8:30~12:00/14:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ